​講 演 会 ~ 野鳥保護の夕べ ~

​2020年1月24(金) 18:00~19:30

ねむろバードランドフェスティバルでは、今年度もテーマバードは

『コクガン』。

そこで、北海道内のガン類の調査を取りまとめをされている研究者の視点や、勤務地である道内最大のガンの集結地「宮島沼」の様子やそこでの地域や子供たちの取り組みなどのお話をしていただきます。

ぜひ、ご来場いただきお話をお聞きいただき、また知りたいことをご質問いただければと思います。


講 師:牛山 克己 氏 (宮島沼水鳥・湿地センター)

    池内 俊雄 氏 (雁の里親友の会代表)

演 題:「世界は鳥でつながっている

                   ~北海道のガン,東アジアのガン~」
 
参加料:無 料
 
定 員:50名(予約不要)

講師プロフィール

牛山 克己 氏 (宮島沼水鳥・湿地センター)

1974年ケニア・ナイロビ生まれ.東京大学大学院農学生命科学科博士課程修了.博士(農学).2007年より宮島沼水鳥・湿地センター(美唄市)専門員.調査研究、CEPA、保全とワイズユースの推進に取り組んでいる.東アジアオーストラリアフライウェイパートナーシップ ガンカモ類作業部会コーディネータ、WLI-Asia 運営委員、日本湿地学会理事、日本鳥学会企画委員長、ウェットランドセミナー運営委員,北海道ラムサールネットワーク企画担当、石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク副代表など.

池内 俊雄 氏 (雁の里親友の会代表)

1983年青山学院大学文学部史学科を卒業。4年間の教員生活の後、国内のガン類の渡来地をめぐり、ロシア科学アカデミーとの共同調査に参加。1988年からは「雁の里親友の会」の事務局長を務め、渡り鳥の一種である雁の追跡調査など、多岐に渡り活動中。3ヘクタ ールを所有する水田農家でもある。

Copyright (C) 2019 ねむろバードランドフェスティバルj実行委員会 All Rights Reserved. 当サイトの写真・図版・文章等は許可されたページ以外は転用・転載はできません。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now